脚やせダイエット成功!食事のポイント

体はそれほど太ってないのに、脚だけは・・・・というような下半身太りの人が、極端なカロリー制限をしたダイエットをしても、上半身はますますやせて、下半身はそのまま・・・という体型に拍車がかかってしまいかねません。なぜならば、下半身太りの人はカロリー過多というよりは、もともと血行や代謝が悪く、むくみやすいことが原因なので、基本的にはカロリー制限よりも代謝を活発にするようなダイエットが必要になります。
それではどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

1.炭水化物をきちんととること
もちろんとりすぎはいけません。炭水化物(糖質)は、活動のエネルギー源ととなり、体内で完全燃焼して炭酸ガスと水になるだけで余計な燃えカスを発生させないのが特徴です。だから代謝をよくするためにも、過不足なく毎食ごはん軽く1杯くらいはとるのが理想。でもとりすぎると脂肪に変わって体内に蓄積されてしまうので、注意が必要。

2.たんぱく質をバランスよくとること
肉や魚、豆類、乳製品など偏りなくとることで、体内でのアミノ酸の合成がスムーズにいくので、脂肪の比較的少ないものを選びながらいろいろな種類のたんぱく質を1日70gはとるように。

3.塩分摂取に気をつけること
塩分は体内に余分な水分をため込み、むくみやすくさせます。加工食品、インスタント食品、外食、ファストフード・・・・これらには思っている以上に大量の塩分が含まれています。ダイエット中は、なるべくこういうジャンクフード類は避けることが必要。

4.水分は必要、でも種類ととり方に気をつけること
水、ミネラルウォーターをとるのが理想。甘いジュース、炭酸ソーダは極力避けて。コーヒーや紅茶も飲みすぎには注意。
内臓の疾患が原因でむくんでいる場合を除いて、代謝をよくするためにはお水は必要。でもその摂取の仕方については、水は常温で、1回200cc、食事中は飲まないなどの決まりごとが・・・詳しくは » 体質改善して美脚になる水ダイエット方法(その3 ) » » »

5.野菜はなるべく温野菜でとること
冷たいサラダは体を冷やしてしまいがち、しかもそれほどたくさんの量を食べることができません。その点、温野菜にすればたくさんとれます。バランスよくいろいろな種類のものをとること。

6.海藻類を積極的に利用すること
ミネラル分が豊富で食物繊維もたくさん含まれ、しかも低カロリーの海藻類は、まさにダイエットの救世主!
大いに利用しましょう。

7.果物もとりすぎには注意
果糖を含み、これはブドウ糖に比べて2倍の率で中性脂肪に変わるといわれています。ヘルシーなイメージですが、カロリーが高いのでとりすぎないこと。むくみを解消するために必要な【カリウム】を多く含むものがおススメ。

基本的には体に老廃物を残すような添加物を多く含む加工食品、インスタント食品、外食は避けて、ヘルシーな食材を使った手作り料理が理想ですが・・・
それでも、外食をせざるを得ないときは、上記のポイントをしっかり守りながらバランスよく食べるように心がけましょう。