足裏マッサージでむくみ撃退

足の裏は第二の心臓といわれるほど重要な役割を果たしていて、心臓から足まで運ばれた血液を押し戻すUターン地点です。だからその動きが低下すると体全体の血液の循環もうまくいかなくなって、健康被害をもたらしてしまうことも。

足はもともと血液が滞りやすいところ。だからこの部分を温めたり、ツボを刺激したりすると、血行がよくなって内臓の働きまで活発になったりします。

東洋医学では足の裏は反射区として考えられ、ここには全身のツボが集中しています。これらのツボと内臓とは相関関係にあるので、体の弱い部分のツボを刺激することで、体の不快な症状がやわらいだり、調子がよくなったりするのです。

さらに特定の部位を刺激すると体の特定部位に変化が起こることを利用して、弱った部分、病気の治療などをする療法が、リフレクソロジー(Reflexology)[反射療法]とよばれるもので、ヨーロッパのエステなどで広く行われています。これは足の裏を中心に、指や甲までもみほぐすことで、リンパの流れをスムーズにし、体内の老廃物や余分な水分を排出しようとするものなので、当然足やせにも応用できますね。

それでは【足の反射区】を参考にして、痛いところやコリがあるところを重点的にマッサージしてみましょう。痛みやコリがある部分には老廃物がたまっているので、コリがほぐれてやわらかくなるまで毎日続けてマッサージすることがポイント。
そうすることで硬くなった足の裏が次第にやわらくなり、むくみもばっちり解消します。足裏マッサージでむくみ撃退

リフレクソロジーの方法

1.輸尿管の反射区をしごく

少量のオイルを足の裏全体にのばし、第3指の延長の土踏まずの中央を押し、斜め内側に向けて親指の腹でしごきます。
2.足先からリンパの流れを促す

親指からスタート、足の指の腹に親指を当て、人差し指ではさんで1本ずつ丁寧につまんでいきます。
3.指の付け根を挟んで押す

親指と人差し指で、足の指の付け根をゆっくりとていねいに1本ずつ押していきます。
4.土踏まず全体をほぐす

親指の腹で土踏まず全体をもみほぐします。もみながらさすりあげてコリを取り除いてやわらかくするように。
5.かかとをつまんでほぐす

親指と人差し指でかかとをつまむようにほぐします。力を入れると痛むならむくんでる証拠。何度か繰り返します。
 6.足の甲をほぐして

足の甲の骨と骨の間に両手の親指を添えて圧をくわえ、足先から足首に向けて押しましょう。

加圧式『エアレッグシェイプ』マッサージャー 通販セール
1日わずか15分でOK!強圧エアーで美脚を目指す!開いた脚もピタッ!太もも・ふくらはぎ・足首まわりをむぎゅぅぅーーッと締め付け、プシュゥーーッ開放! 「加圧マッサージ」のノウハウを元に、エアーの加圧、減圧の繰り返しで、つま先から太ももまでフォロー。まるでエステティシャンの手に包み込まれているような気持ちよさ♪

レッグローラーハナ(小森純ブランド) 通販セール 送料無料
キュートな花びらで、脚、リフレッシュ。角度や素材の反発力を計算した本格派。花びら部分でふくらはぎ・太もも・お尻を挟んで転がすだけ! 特徴コトコトと転がる独特な感覚と「挟み上げ」が特徴のレッグローラーです。 14個の球が疲れた脚を心地よく揉みほぐす力いらずのマッサージアイテム♪