脚やせ
のためには、運動、エクササイズなどで体全体の代謝を高めながら、部分やせのための脚やせエクササイズを集中的に行うことが最も効果的です。そして体の基礎代謝量を高めるには、筋力トレーニングや、有酸素運動が効果的。

ウォーキングは、年齢を問わず誰にでもでき、足に適した靴さえあればすぐにでも始められる一番手軽な有酸素運動です。さらに、ウォーキングは下半身にたまった血液を心臓に押し上げてくれるから、下半身の血流が悪く、冷えやすい女性にぴったり!むくみ解消にもつながります。女性ホルモンの働きを助けるのはもちろん、生活習慣病や肥満の予防にも効果があるんです。

有酸素運動は、酸素を普段より多く取り込みながら行うため、血行が促進され、皮下脂肪を効率よく燃焼させることができます。そして脚には、人間の体の中でもっとも大きな筋肉である太ももの前面に大腿四頭筋があるので、ここを効率よく使えば、基礎代謝量もアップするので、脂肪を溜め込みにくくする体質にもなります。

正しい歩き方のフォームとポイント

歩き方の姿勢は、背筋を伸ばすこと。上から糸でつられているような感じで意識するといいでしょう。背筋を伸ばして歩くことで、背中の筋肉が鍛えられ、手を大きく振ることで体内に酸素が取り込まれて代謝率もアップします。歩幅を大きくすればウェストのシェイプアップにもなりエクササイズ効果も高まります。腕を大きく振ると肩も前に出て、肩のひねりが大きくなります。すると、それにつられて腰のひねりも大きくなり、自然と歩幅が広くなるのです。

ウォーキングの呼吸法のポイント

肺の中の空気をすべて出し切ってから、新鮮な空気を吸うのが基本です。まずは吐くことを意識して、呼吸のリズムは足の運びに合わせてリズミカルに。

1歩ずつ吐く⇒吐く⇒吸う⇒吸うを繰り返すのが一般的です。

歩きなれていない人は、はじめから無理をすることなく、まずは20分くらい歩くことから始めてみては?

というのも体内に蓄積された脂肪が燃焼され始めるのは、10分以上歩いてからだから。ということは路上で信号待ちをする場合も、立ち止まらずにぐるぐる歩き回るか足踏みをすることが必要。さらに酸素をたくさん取り入れるために、深く吸って吐くというように、歩いている間は呼吸を意識することが重要です。

目安は大きな歩幅でスピーディーに歩いてみて、心拍数を秒針などで計ってみます。
最大心拍数(220-自分の年齢)×60~80%くらいになるように。
(ex.20歳で心拍数120~160回)
慣れてきたら時間を5分長くするとか、歩幅を広くするとか、手を大きく振るとか自分の体力に合わせたプログラムでウォーキングを楽しみましょう。

脂肪燃焼率をアップさせるウォーキング法

背筋を伸ばし胸を少し張るような姿勢で、一直線をはさむようにリズミカルで大またで歩きます。
ウォーキングでスリムな美脚になる1.かかとからやわらかく着地する。

2.足の裏全体で体を支える。

3.親指と第二指で地面をしっかり蹴るように。

脚長美脚シューズ 通販セール 送料無料
履くだけで8.5cm脚長になれる隠れインソールが入ったシューズ。見た目は5cmヒールに見えるのに実際は8.5cmアップで自然と脚長に!しかもアーチを作るインソールも入ったWインソールなので疲れにくく、歩きやすいウォーキングシューズ。

ビューティフルレッグスリッパ 通販セール 送料無料
5本に分かれる指とかかとのないソールでレッグケア♪指を入れると1本1本がパッと開き、青竹踏みタイプのクッションが土踏まずに心地よい刺激を与え、ふくらはぎをリフレッシュ!軽く後ろに重心をかけることで、ふくらはぎから太ももの裏筋を気持ちよくストレッチ。おしりから足首までの筋肉に負荷がかかり引き締めることで、キレイな脚に!

Page 1 of 22