美脚になるために靴が重要なのはなぜ? 美脚になるために靴が重要なのはなぜ?アナタは・・・かかとのすり減った靴を履いたりしていませんか?

下半身太りを解消して、キレイな美脚になるためには、骨盤を整えることが大切です。

実はこの体の土台である骨盤は、足の裏と連携していて、体重がかかる場所によって骨盤の形も変わってしまうのです。
ということは、普段履いている靴によって、骨盤の形をゆがませてしまうということもあるということです。

体の歪みの元凶である扁平骨盤は、体の重心が外側に向かって傾くことが原因でなることが多いのです。
しかも、重心が外側に傾いた瞬間に扁平骨盤になってしまいます。
かかとのすり減った靴を履いたとたんに、尾骨と転子間線のあいだが大きく開き、靴底の減り方によっては5~6cmも開いてしまうのです。

また、かかとの細い靴、ハイヒールも扁平骨盤の大きな原因になります。

美脚になるために靴が重要なのはなぜ?足関節は、外くるぶしがストッパーになっていて、外側が開きやすい構造になっているので、ほとんどの人がかかとの外側に体重をかけて立つようになるのです。
たとえかかとの減っていない靴でも、かかとの細い靴は安定が悪いために、重心が外側にかかるため、これが扁平骨盤、薄っぺらな骨盤を引き起こし、ヒップラインも垂れてきます。

ヒールの高さは2・5cmくらいまでは問題ありませんが、それ以上のハイヒールは扁平骨盤を矯正するためになるべく避けたほうがいいでしょう。
とはいってもおしゃれのためにはどうしてもハイヒールを履かなければならない場合もあるでしょう。
そんなときはできる限り短時間にすること。
そして歩くときには、なるべく足の重心を内側にかけるように気をつけましょう。

骨盤の歪みをなるべく防止して靴を長持ちさせる方法

美脚になるために靴が重要なのはなぜ?体型は、足の裏のどこに体重がかかるかによって決まります。
ということは、体重のかけ方に注意すれば、体型もよくなるということがいえます。

ここでいつも履いている靴をチェックしてみましょう。

かかとの外側が減っている場合、重心が外側にかかっているということです。
かかとの外側を高くすれば、体の重心が外側より内側にかかるようになるので、その結果、骨盤の歪みが少なくなります。

靴のかかとの外側に三日月型のものを貼ったり(靴屋さんなどで手に入ります)、靴の中にも外側にパットを敷くといいでしょう。
これで体重が内側にかかるようになるので、靴のすりへりが少なくなり長持ちします。

さらに美脚になるには歩き方にもポイントがあります・・・

脚長美脚シューズ 通販セール 送料無料
履くだけで8.5cm脚長になれる隠れインソールが入ったシューズ。見た目は5cmヒールに見えるのに実際は8.5cmアップで自然と脚長に!しかもアーチを作るインソールも入ったWインソールなので疲れにくく、歩きやすいウィーキングシューズ。|

美脚メイクサンダル  通販セール
働く女性のためのこだわり満載。8.5cmヒールで脚のラインもキレイに!歩きやすさ、安定感、外反母趾をケアするアーチ形状、前ずれを防ぐ滑り止めなどスタイリッシュで機能性抜群の美脚サンダル。|

美脚になるために靴が重要なのはなぜ?